新潟市江南区亀田にあるダイビングスクール&プロショップ&ツアーサービスのライトハウスジャパンです。イルカと泳ぎたい、海中で写真撮影がしたい、シュノーケリングがしたい、初めてダイビングしてみたい、ダイビング未経験の方、ダイビングのライセンス、オープンウォーターの資格を取得したい方、ぜひ一度ライトハウスにお越しください。ダイビングサークルを立ち上げたい学生の方や社会人の方、可能な限りご協力致しますので、連絡をお待ちしています。

ADS 指導員コース

  • HOME »
  • ADS 指導員コース

ADS International 指導員コースは、スポーツダイバーの認定ランクとは異なります。このコースの目的は、ダイバーを正しく安全に潜水させるための知識と技能の教育をする事です。

1.ADS国際 1 STAR INSTRUCTOR(Assistant Instructor)

この段階では2 Star Instructor 以上の者が行う教習の助手となり、その間に経験を積みInstructorとしての指導法を学び取ることを目的としています

必要条件(参加条件)

  1. 年齢が20歳以上
  2. 心身ともに健康であること
  3. ADS Instructor のDIVE MASTERの認定を受けていること。又はADVANCED DIVERであってもDIVE MASTERと同等、もしくはそれ以上に十分な知識、技能、経験があると認められたもの

認定基準

ADS国際 1 Star Instructorとして十分な潜水技能を有し、海洋での救難、救助を行う事ができ、ADS国際認定基準によりスキンダイビングの正しい指導が行える事。また、2 Star Instructor以上の助手として、スクーバダイビングの指導を行う事が出来る

教習単位・内容

  1. DIVE MASTERより昇格するときは、2 Star Instrucor以上の元で100単位(100時間以上)の実務研修を行い、幅広い海洋知識、潜水額を習得しなければならない
  2. ADVANCE DIVERより昇格するときは、省略されたDIVE MASTER教習単位とその内容を十分にクリアするものでなければならない

指導許容範囲

  1. 2 Star Instructorの助手として、初心者及び中級ダイバーの指導教室にかかわる事ができ、また2 Star Instructorの助手として技能検定にかかわる事が出来る
  2. スキンダイビングの教習を行う事が出来る
  3. 協会本部が行うITC(2 Star Instructor研修、検定会)に参加する事が出来る

トレーニングプログラム

学科教習

  1. 教え方の基本
  2. 学び方の手順
  3. スポーツダイビングに適したインストラクションの方法
  4. ダイビングに使用する潜水器材全般
  5. グループコントロール
  6. 潜水計画の立て方

実技教習

  1. 生徒、グループのコントロールとリードが出来る事
  2. 安全な水域で生徒、グループに講習が出来る事
  3. 生徒と効果的な会話ができる事
  4. ダイビングに必要な基本的実技を示範できること

2.ADS国際 2 STAR INSTRUCTOR

1star Instructorで20回以上、海洋での実務者指導経験を有する者、もしくはDIVE MASTERの資格を有し十分な知識、技能、経験を積んでいるも者は協会本部が行うITC(指導員研修・検定会)に参加できます。ITCで合格した者は本人の申請により協会から認定されます。

必要条件(参加条件)

  1. 年齢が21歳以上
  2. 心身ともに健康であること
  3. 潜水士、救急再圧員、レスキューダイバーの資格を取得していること

認定基準

ADS国際 2 Star Instructorとして十分な潜水技能を有し、ADS国際認定基準による正しい指導が行える事。更に、Instructorに相応しい人格と指導力を有し、緊急事態に対し適切な処置ができる能力を有していること。

教習単位

  1. 実技教習 10単位 10時間以上
  2. 学科教習 15単位 15時間以上
  3. 指導法 15単位 15時間以上
  4. レスキュー実技及び知識 20単位 20時間以上
  5. その他 10単位 10時間以上

※但し潜水士免許、救急再圧員資格、高圧ガス製造資格、レスキューインストラクター資格を有する者はそれぞれの単位を免除する

教習単位・内容

  1. ADS国際認定基準に基づく指導法
  2. Instructorとして要求されるすべての海洋・潜水関係知識
  3. ADS International の信条と組織、運営、会則
  4. 潜水教育指導員のあり方
  5. 事故対策と賠償責任保険 

指導許容範囲

  1. BASICからDIVE MASTERまでのすべてのダイバーの認定、申請を行う事が出来る
  2. 他団体からのクロスオーバー希望者の推薦を行う事が出来る

トレーニングプログラム

ADS International教育指導委員会が定めるITC基準による研修・検討会が行われる

3.ADS国際 3STAR(MASTER) INSTRUCTOR

2star Instructorとなってから5年以上の十分な指導権権を積み、認定基準を満たしたものは本人の申請により3star Instructorの認定証を取得する事が出来ます。

認定の基準

  1. 年齢が25歳以上
  2. 潜水歴10年以上
  3. 潜水歴500時間若しくは1000本
  4. 指導歴5年以上
  5. ADS2Star Instructorとして在籍5年以上である事
  6. 潜水士免許、救急再圧員、レスキューインストラクター、ナイトロックスインストラクター、文部科学省指導員資格を取得していることが望ましい

※以上の要件を満たしたうえ「ADS International教育指導委員会」の審査により認定される

指導許容範囲

  1. BASICからDIVE MASTERまでのすべてのダイバーの認定、申請を行う事が出来る
  2. 他団体からのクロスオーバー希望者の推薦を行う事が出来る
  3. 教育指導委員会の審査によりインストラクタートレーナへの認定を受ける事が出来る

資格の継続

ADS International年次総会及びADS教育指導委員会が定める「研修会」に参加することにより資格は継続する。

4.ADS国際 4STAR INSTRUCTOR

ADSは、アジア・太平洋地域、インド洋地域及びその他の国々と共存、そして国際的に潜水技能・知識を高めることを目的として「ADS International」の同じ名称のもと統一活動を続けています。ADS国際4star Instructorは潜水、海洋に関する幅広い知識・技能・経験を有するとともに、人格に優れ、それぞれの国の協会から選ばれて国際レベルの仕事にかかわる活動をします。

認定の基準

  1. 年齢が45歳以上
  2. 潜水歴20年以上
  3. 指導歴5年以上
  4. ADS 3 Star Instructorであり、ADS在籍10年以上である事
  5. 他団体の指導員資格を有しない
  6. 人格 潜水指導者として認められる人格者であること
  7. 潜水資格 ※次の1~4の資格を全て有していること
  • 潜水士免許
  • 救急再圧員
  • レスキューインストラクター
  • 文部科学省スポーツ指導員

※次のうち2つ以上を取得済みである事

  1. 小型船舶操縦士
  2. 高圧ガス保安責任者免状
  3. 日赤救急員
  4. 水上安全救助員
  5. メディックアラート
  6. タンク自主検査員
  7. 潜水機器整備士
  8. 学位
  9. 著書
  10. エクスペディション経歴
  11. 交換帳から人命救助等の表彰経歴
  12. 水中活動(水中写真等に関する表彰歴)

権限

  1. BASICからDIVE MASTERまでのすべてのダイバーの認定、申請を行う事が出来る
  2. 他団体からのクロスオーバー希望者の推薦を行う事が出来る
  3. 国内および国際的な会議にADS Internationalの商号で参加できる
  4. 教育指導委員会の審査によりインストラクタートレーナへの認定を受ける事が出来る

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-700-285 受付時間 11:00-20:00 【 定休日 : 火曜日 】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 【ダイビングスクール】LIGHT HOUSE Japan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.