新潟市江南区亀田にあるダイビングスクール&プロショップ&ツアーサービスのライトハウスジャパンです。イルカと泳ぎたい、海中で写真撮影がしたい、シュノーケリングがしたい、初めてダイビングしてみたい、ダイビング未経験の方、ダイビングのライセンス、オープンウォーターの資格を取得したい方、ぜひ一度ライトハウスにお越しください。ダイビングサークルを立ち上げたい学生の方や社会人の方、可能な限りご協力致しますので、連絡をお待ちしています。

ADSスクールプログラム

  • HOME »
  • ADSスクールプログラム

ADSインターナショナル

ADSインターナショナルは1980年に設立された「Joyful & Safe Diving」をモットーに、正しいダイビング知識と技術の普及を設立理念に活動する潜水教育指導団体です。

常にダイバーの安全を考え、正しい潜水知識と技能を習得させるよう、変わりゆく潜水器具、潜水方式の改良にも対応できるよう、Progressive New Diving Systemの元、常に研究、努力を続けています。

ADSスクールプログラム

ADSスクールのコースには、それぞれの国の人々やその環境に適した個別プログラムがあり、子供も参加できる簡単なスノーケリングから、プロフェッショナル教育まで各種のコースがあり、ご自分の希望と目的に合ったコースを受講できます。

我々LIGHTHOUSEJapanは、経歴40年以上のADS国際4 Star Instructorが在籍しており、前駆のクラブから、30年以上無事故でサービスを提供し続けています。これからも皆様に安全、安心なダイビングサービスを提供できるよう努めています。


 


■スポーツダイバー認定コース

ADS Internationalでは、ダイバーの潜水技能、知識、経験により以下のランクを設定し認定活動を行っています。

ADS International国際認定基準により、所定の課程を修了した者、及び検定を合格した者に認定証が交付されます。

■ スクーバー・コース

スクーバー・コースは、限られた水中での滞在を、タンクの空気を呼吸することで、水中で安全により長く楽しむことを可能にします。
目指したい目的や、楽しみたい目的とスキルによって、深い深度や各種の環境、ナイトやボートのダイビング、安全管理、チームやグループのリーダー資格、インストラクター資格など、各種のコースを用意しています。

◎ ベーシック・ダイバー(BASIC DIVER)

このコースは、スク-バーの入門コースで12歳から認定可能です。まずは限られた海域で、指導者の同行管理下でダイビングを楽しみましょう。

□ 認定基準

基礎的な技術や知識、正しい器具の扱いがコース目標。

□ 許容範囲

水深15m以上、流れ0.5ノット以内、透明度3m以上の海域

□ 基本条件

ダイブマスター以上の同行管理下で行動をともにすること

◎オープンウォーター・ダイバー(OPEN WATER DIVER)

このコースは15歳以上が受講できる一般的な初心者用基本コースで、修了後に認定されるCカードは、基本の必要最低限の技術、知識、自己管理ができることの証明になります。
このOpen Water CカードとLog Bockを提示することで、世界中のダイビング・サービスから一定のサービス提供を受けることが可能となります。

□ 教習内容

  1. マスク・フィン・スノーケルで400mを泳ぐ
  2. セルフレスキューと水面バディーレスキュー
  3. 器具、減圧表の正しい使用
  4. 潜水に関係する生理や物理の基礎知識
  5. その他「ADS所定の基準」

□ 許容範囲

水深20m以上の海域

□ 基本条件

アドバンスダイバー以上とバディーを組んで楽しむ

◎アドバンス・ダイバー(ADVANCED DIVER)

このコースの目標は、Open Waterの範囲を越える夜間潜水
(ナイトDive)、30mの大深度(Deep Dive)、船舶からの
潜水(ボートDive)、水中での位置把握(ナビゲーション)、安全スキル(ADレスキュー)など、行動範囲や 安全を
拡げたいダイバー向けコースです。

□ 受講資格

16歳以上のOWダイバーが受講可能。

□ 教習内容

  1. ボートダイブとディープダイブ
  2. レスキューとサーチ&リカバリー
  3. 海洋専門知識
  4. 「ADS所定の基準」

□ 許容範囲

Open Waterダイバーと水深20m以上、アドバンスダイバー以上と水深30mまでの範囲。

□ 特別条件

減圧停止を必要とする潜水が可能。

◎レスキュー・ダイバー(RESCUE DIVER)

国内外の公官庁も採用している、解かりやすいレスキュー・マニュアルを利用した、実践に最適な内容が特徴です。 

 

□ 受講資格

  1. OPEN WATER DIVER以上の全ての認定ダイバー

□ 教習内容

  1. セルフレスキュー・テクニック
  2. バディーレスキュー・テクニック
  3. 基本的な捜索技術
  4. CPRの知識と技術
  5. その他ダイビングレスキューに関係する基礎知識
  6. 「ADS所定の基準」

◎マスタースクーバ・ダイバー(MASTER SCUBA DIVER)

このダイバー資格は、レクレーショナルダイバーの中で特に豊富な経験と幅広い知識やスキルを持つキャリア・ダイバーのランクであることを証明しています。 

□ 受講資格

  1. 18歳以上のアドバンスダイバー
  2. 経験が2年以上で100回以上の潜水経験を証明する

□ 教習内容

  1. 安全な潜水計画の立案、実施
  2. トラブルやアクシデントの予防とレスキュー
  3. 海底地形と環境の把握
  4. 「ADS所定の基準」

□ 許容範囲

Open Waterダイバーと水深20m以浅の無限圧潜水

□ 特別条件

アドバンスダイバー以上と水深30mまでの減圧停止を必要とする潜水。

スペシャリティー・コース

ADSは全てのダイバーを対象に、専門的なスキルと知識の修得を目指すダイバーに向け、各種のスペシャリティー・コースを用意しています。
特にダイブマスターやインストラクターの希望者には役立つ内容で、課題を単に体験するのではなく、知識や技術の修得を目標とします。

◎セルフレスキュー・ダイバー(SELF RESCUE DIVER)

曇らないマスク、突然のBC誤作動、流れへの対応、危険の予測、危険生物への予防と受傷対処など、ダイバー自身が解決可能な安全についてのコースです。コース修了でお持ちのCカードに、修了を証明する特別なシールが貼られます。

□ 受講資格

  1. BASIC以上の全ての認定ダイバー
  2. 他団体のCカード所持者もそのままのCカードで可能

□ 教習内容

  1. そのレベルランクに適した教習
  2. 希望するスキル課題の内容
  3. レスキューテクニックとリスクマネージメント
  4. トラブルの予防対策
  5. ダイバー心理とグループコントロール
  6. 「ADS所定の基準」

◎ナイトロック・ダイバー(NITROX DIVER)

空気より酸素濃度の高いガスを利用するNITROXダイビングは、減圧症や窒素酔いの発症を抑制し、潜水後の疲労感の減少にも効果を発揮します。正しいNITROX潜水の知識と潜水方法、器材の管理の習得を目標とします

□受講資格

  1. OPEN WATER DIVER以上の全ての認定ダイバー

□ 教習内容

  1. ナイトロックスに関係する基礎知識
  2. ナイトロックスにおける物理的、生理的傷害の認識
  3. ナイトロックスの減圧表
  4. 酸素中毒を予防する為の潜水深度と潜水時間の計算
  5. その他
  6. 「ADS所定の基準」

ダイブマスター・ダイバー(DIVE MASTER)

ダイブマスターは上級レベルのランクで、クラブのリーダー、現地サービスとショップの ガイド、インストラクターの補助が可能なレベルの資格です。ダイブマスターからプロと見なされます。この資格を持つダイバーは業務に必要なADS賠償責任保険に加入できます。

□ 受講資格

  1. 20歳以上のAD以上の認定ダイバー。
  2. 経験が2年以上で100回以上の潜水経験を証明する。
  3. 潜水士、救急再圧員、レスキュー資格の所持が望ましい。  

□ 教習内容

  1. レスキューテクニックとリスクマネージメント。
  2. 事故対策。
  3. グループコントロール。
  4. 「ADS所定の基準」

□ 許容範囲

全てのランクとバディを組み潜水ができる。

□ 特別条件

業務を行なう場合は賠償責任保険に加入が義務となる。

□ 特別権利

ITC(インストラクター研修検定会)へ参加できる。

 

インストラクターコース

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-700-285 受付時間 11:00-20:00 【 定休日 : 火曜日 】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 【ダイビングスクール】LIGHT HOUSE Japan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.