新潟市江南区亀田にあるダイビングスクール&プロショップ&ツアーサービスのライトハウスジャパンです。イルカと泳ぎたい、海中で写真撮影がしたい、シュノーケリングがしたい、初めてダイビングしてみたい、ダイビング未経験の方、ダイビングのライセンス、オープンウォーターの資格を取得したい方、ぜひ一度ライトハウスにお越しください。ダイビングサークルを立ち上げたい学生の方や社会人の方、可能な限りご協力致しますので、連絡をお待ちしています。

ダイビングライセンス(Cカード)の種類はいくつあるの?

  • HOME »
  • ダイビングライセンス(Cカード)の種類はいくつあるの?

ダイビングライセンス(Cカード)って何?

スキューバ(スクーバ)ダイビングを趣味にしたい!はじめたいと思ったら、まずはダイビングライセンス(Cカード)を取得する必要があります。

では、このCカードとは何なのでしょう?

スキューバダイビングのライセンスには様々な呼び方があります。 「ダイビングライセンス」「Cカード」「Cライセンス」などと言い、これらはすべて同じものを指しています。

CカードとはCertification Card略で、所謂「認定証」という意味です。 Cカードを取得したということは、ダイビングに必要な知識やスキルは習得済み、という「証明書」になります。

ダイビングライセンス(Cカード)は、運転免許証のような国家資格ではなく、民間の指導団体が発行しているものなので、正確にはライセンス(資格)とは呼ばないのです。

※日本では、国家資格として「潜水士」という資格があります。これは労働安全衛生法の規定に基づき、潜水作業に従事する労働者に必要とされる国家資格(ライセンス)です。労働災害の防止など労働者の保護を目的とする免許であり、事業者はこの免許を持たない者を潜水作業に従事させてはならない、と法律で定められています。ただし、これは業務として”従事する者に関する規制であり、レジャー(趣味や遊び)などの目的で自発的に潜る場合は適用されません。ですが、スキューバダイビングのインストラクターなど潜水活動に従事する業務に就く際には潜水士免許の取得が義務付けられています。

ダイビングライセンス(Cカード)がないとダイビングできないの?

ダイビングライセンス(Cカード)を持っていなくても、「体験ダイビング」といってちょっと海の中をのぞいてみるコースは楽しんでいただけますが、ネットや雑誌に載っているようなところはダイビングライセンス(Cカード)を持っていないと連れて行ってもらえないのです。世界中の中には、所持していない人のダイビングを法律で禁止しているところもあるくらいです。

趣味としてスキューバダイビングを楽しむためには、必ず「Cカード」が必要になってくるわけです。 基本的には、ダイビングはライセンスを取ればどこの海でも好きに入っていけるわけではなく、現地でシリンダー(ボンベ)と、ウェイト(重り)をレンタルして、決められた海の範囲と、決められた時間の中で楽しむことができます。インストラクターやガイドがいるなかで水中世界を楽しむことが多いです。

そこがサーフィンやSUPなどのマリンスポーツとはちょっと違うところかもしれません。 スキューバダイビングは水の中というとても特殊な環境のなかで行う遊びです。ルールを守れば安全な遊びとはされていますが、もちろん知識がないと危険なこともあります。 器材に頼らなければ、水の中で長くいることは不可能です。息を止めて潜ってみても長くは続きませんよね?

安全に楽しくダイビングを楽しむためには、まずはダイバーとしての基本的な知識とスキルを身につけCカードを取得し、インストラクターに安全管理をしてもらいながらダイビングをしていかなければいけないのわけです。 これは、沖縄などの国内リゾートでも世界中の海外リゾートでも同じなのです。

そんな特殊な環境でする遊びだからこそ、日常生活では決して味わうことができない素晴らしい世界を体験できるのです!

ライセンス・ダイビングの指導団体による違い

では、このダイビングライセンス(Cカード)を発行している民間団体とは1つだけなのでしょうか? 実は、世界中にはたくさんあり、世界には約40もの団体があります。

この民間団体を「指導団体」と呼んでいます。ダイバーの育成、指導、ライセンスカードの発行をしている団体です。 インストラクターは必ずどこかの指導団体に所属して活動をしています。

PADIゴールドカードと通常のカード

ライセンスの種類・ランク別Cカード

では次に、Cカードのランクについてご説明します。 取得したランクのCカードによって、ダイビングができる範囲や、楽しみ方の幅が変わってくるのです。

◇オープン・ウォーター・ダイバー(OWD)

初めに「ダイビングライセンスを取得する」ときが、このランクになります。 まずは、ダイバーとしての基本的な知識と基本的な緊急対処のスキルを身につけるコースになります。 学科講習→プール講習→海洋講習の3段階の講習を受講すると取得することができます。

学科で知識を学び、水中やダイビングのイメージを膨らませていきましょう。不安や疑問に思うことは何でもインストラクターに聞いてください。

プール講習では、足の着く場所(浅場)で呼吸の練習から一人ひとりのペースに合わせて受講できるので、不安がある方でも安心してダイビングを始めることができます。 足がつく浅場から4~5mの深場を使って、少しずつスキルを習得していきます。 【例えば、呼吸している器材(レギュレーター)が水中で口から外れてしまったらどうやってなおすのか、マスクが曇った時の対処法、足がつった時の対処や水中での泳ぎ方などです】

最後に海洋講習です。「プールで習得したスキルを、実際の海でやってみよう」という実習になので、全く新しいことをするわけではありません。 プールと比べ、水温や波、視界などの環境は変わりますが、プール講習で不安なくスキルができていれば問題なく行えます。 ぜひ体験してみてください。初めて経験する海の中の世界に感動するはずです。

オープン・ウォーター・ダイバーを取得すると、水深18mまでの範囲でダイビングができるようになります。

◇アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー(AOW)

次のランクのアドバンスでは、「ダイビングの遊び方」を学びます。ダイビングの楽しみ方はひとつだけではありません。水中写真や魚の観察など、自分に合ったダイビングの楽しみを発見して、ダイビングの活動範囲を広げていくことができます。

アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーを取得すると、水深40mまで行くことができるようになります。 この40mというのはレジャーダイビングで行ける最大深度です。ですから、アドバンスまで取得していれば、基本的に世界中の海を楽しむことができるようになります。 「憧れの海で潜りたい!」「世界中の海でダイビングを楽しみたい!」という方には、少なくともアドバンスまでは取得していただくことをおすすめします。

学科講習に加えて、5種類のテーマに沿ったダイビングの海洋講習を受講すると、アドバンスダイバーの資格が取得できます。

◇レスキューダイバー(RED)

ここでは、ダイビングの「安全」について学びます。大自然を相手に遊ぶダイビングでは、ほんの些細なことがきっかけで、予想外なアクシデントに見舞われることがあります。ここではトラブルが発生してもすぐに対処(レスキュー)できるダイバーになる事に加えて、未然にトラブルを防ぐこと、レスキューされない安全な知識をもってダイビングを楽しむダイバーになりましょうというのが目標です。

学科講習では、ダイビングトラブルの原因を知り、事故を未然に防ぐことができるような知識と、海洋講習ではトラブルの状況をいろいろなシミュレーションを通して解決できるよう進めていきます。

難しい内容に感じるかもしれませんが、楽しみながら学んでいきましょう。

◇ダイブマスター(DM)

ダイブマスターからは、プロとしての始まりのランクになります。 講習はできませんが、ファンダイビング(遊びのダイビング)の引率ができるようになります。 その他にも、講習のアシスタントとして、インストラクターをサポートすることができるようになります。

講習の内容としては、学科講習と海洋講習の2段階です。ですが、ダイブマスターからはプロとみなされます。そのため、知識とスキルは2~3ヶ月くらいかけて取得される方が多いです。 ダイブリーダーになる練習と、アシスタントをする練習を実践形式の講習の中で身につけていきます。実際にオープン・ウォーター・ダイバー講習のプール講習や、海洋実習にDMT(ダイブマスター・トレーニング)として参加したり、ファンダイビングやスペシャルティーダイビングに参加しながら講習を進めていきます。

プロレベルのスキルを習得することと、安全管理について学んでいきますのでダイバーとして飛躍的に成長できるコースです。 世界中どんな場所であっても、安心してダイビングを安全に楽しめるようになります。

◇アシスタント・インストラクター(AI)

インストラクターコースは2つのステップに分かれています。アシスタント・インストラクター・コースと、オープン・ウォーター・スキューバ・インストラクター・コースのプログラムです。 アシスタント・インストラクターコースを修了すると、ファンダイブの引率だけではなく一部講習を担当できるようになります。各コースの学科講習や、中性浮力のスペシャルティーコース(PPB)などが担当できます。 インストラクション技術を学ぶことにより、ダイバーに的確なアドバイスができるようになります。 また、ダイビングを趣味として極めていきたい方や、週末や余暇を利用してインストラクション活動を行いたい方などにおすすめです。

コースの内容は学科講習→プール講習→海洋講習の3段階になります。

◇オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター(OWSI)

インストラクターになる為の最終ステップです。このコースを終了し、IE(資格評価コース)に合格すると、晴れてスキューバ(スクーバ)ダイビングインストラクターです! インストラクターの資格は、ダイビングインストラクターを職業としてやりたい人だけが受けるわけではありません。 ダイビングをとことん追求したい方や、自分自身の成長や行動の幅を広げて行きたい方へおすすめです。

インストラクターの資格を取得することが、今後のダイバー人生や、あなた自身の人生の幅を大きなものにし、新しい世界を広げることができます!

ダイビングライセンスは取得することがゴールではなく、ダイバーとしての始まりです。 ダイビングを趣味として長く続けやすいかどうか、ぜひショップに足を運んでください。スタッフ一同お待ちしています。

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-700-285 受付時間 11:00-20:00 【 定休日 : 火曜日 】

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 【ダイビングスクール】LIGHT HOUSE Japan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.